HASHi INTERNATIONAL PHOTO JUKU
推薦のことば

福原 義春
(東京都写真美術館 館長 ・ 株式会社資生堂 名誉会長)

HASHiとの出会い

「ニューヨークにいらっしゃったら、HASHIにお会いになって下さい。」亡くなられた電通の久保田節夫局長がそう云った。そのころ、ぼくは資生堂の外国部長で久保田さんは資生堂担当の局長だった。

久保田さんは人材発見の名人であった。今はメジャーになった沢山の有名人が、彼に見出され育ったのだ。しかもまた、彼は発掘した才能と誰かを結びつける不思議なほどのフィクサーの能力も持っていた。

ぼくはまた聞いた。「HASHIとは何者か。お会いして何があるのだろうか。」久保田さんは「HASHIとは本名・橋村奉臣、今やニューヨークの広告写真界の第一線で活躍しています。会っておかれたら、いつか何かのお役に立つでしょう。」と答えた。

ニューヨークで連絡をとると、忽ちあなたのポートレートを撮るからスタジオに来てくれとのことであった。整然としているとはとてもいえないスタジオに行くと、リンホフかハッセルブラッドか忘れたが、大判カメラに短焦点レンズをつけて文字通り迫ってきて撮りまくった。これがぼくの大サイズポートレートの最初の一枚となった。そして彼の今の仕事ぶりについてのプレゼンテーションがマシンガンのように始まった。スミノフのウオッカなど、シズル感に溢れた広告写真、国連の記念切手に採用された虹の一枚など未だに脳裏に残っている。その時は知らなかったが、彼はその当時、広告予算の少なかった資生堂アメリカの為にパンフレットなどの商業写真の仕事を引き受けてくれてもいたのだ。

彼は、これからあなたの写真を毎年撮ってゆきたいとも云い、また私がポートレートを撮った人はみんな成功者になっているのだと、気味の悪いようなことを云った。しかし実際問題として毎年時間を割いて彼のスタジオに通うというようなことが私にできるはずはなかったから、このポートレートは一枚で終わった。

二十数年経った2001年、彼が突然東京に現れた。そして今度はフィルムのカメラとデジタルのカメラを両刀のように使い、例によって機関銃かマシンガンのように撮りまくった。撮りながらも今の仕事のこと、写真集を出すつもりになったことなどを立て続けにしゃべった。それらのプリントが送られてきたが、ぼくの風貌は見事に多年の星霜を経たものとなっていた。
今もってぼくは彼のことを全部知っているわけではない。理解しているのは、高度なテクニックを駆使するけれども、単なるテクニシャンではなくてゆたかな感性と直観力に支えられていること、そしてその行動もまた、彼の作品作りそのもののようであることなどだ。一度決めたらテコでも動かない頑固そうな風貌の中に、時折どこか少年のような表情を見せる彼の第一印象は今もって変わっていない。しかし円熟してきたことは確かだ。積み重ねた彼の作品は大変な量になるし、質的にもまた充実したものとなった。ぼくの直感では決してこれは最後の作品集ではない。むしろ次のシリーズを作る為のエネルギー源になるものだと思った。

そして2006年秋には東京都写真美術館で個展を開き話題になった。

HASHIは40年以上前に単身渡米し、熾烈な競争がひしめくニューヨークの広告業界に身を投じただけでなく、そこで一流のクリエイターとして確固たるポジションを築き上げ、今なお更に発展を続けている。この事実が、すっかり内向きになった日本社会に一筋の明るい光となって差し込んでくるような気がする。

そのHASHIが今また、これからの日本人写真家を世界に通用させるための塾を開いている。鎖国でもないのに云わば閉塞的な安逸の状態にある日本の写真家の刺激になることを念じている。

福原 義春
(東京都写真美術館 館長 ・ 株式会社資生堂 名誉会長)