HASHi INTERNATIONAL PHOTO JUKU
塾について

——設立理念

「世界で活躍できる写真家を一人でも多く育てたい」

写真はボーダーレスな表現方法です。素晴らしい作品は、世界中の人に感動を与えることができます。グローバルに活躍している写真家の作品には、そのようなパワーがあるのです。

今、国際社会も、ますますボーダーレスになってきました。グローバル時代に生きる写真家は、国内だけではなく、世界という舞台に目を向け、大きく飛び立っていって欲しいと思います。

HASHi国際写真塾は、国際的に通用する本物のプロになりたい人を対象に、世界で活躍できる写真家を、ひとりでも多く育てることを目的に設立いたします。

塾長のHASHi〈橋村奉臣〉が、自らの体験をもとに独自のカリキュラムを提案。世界トップレベルの写真界で通用してきた知識と、確かな技術力・精神力を次の世代にも伝え、グローバルな時代に合った写真家を育成したいと思います。

例えば、ライティング(光)の勉強です。

ライティング(光)こそ、写真・映像の礎(いしずえ)であり、命です。

HASHi国際写真塾では、本物のプロによる技術と指導を施します。今までの写真教育とは一線を画し、実際の現場で役立つ実習が中心です。塾生ひとりひとりが、「創意工夫」で人生を切り開いていける教育を目指します。

何よりも、塾で学んだ皆さんの将来を真剣に考え、世界で活躍できる写真家になるために、本当に必要なことを伝えていきます。